私たちは持続可能な社会のために、地球環境を守る製品をお届けします。

OSPの環境方針5つ

  • 1. 環境保全に配慮した商品開発を行う。
  • 2. 省エネルギー・省資源・環境負荷低減に役立つ施策の実施及び技術開発を行う。
  • 3. 廃棄物の減量化、資源リサイクルを推進する。
  • 4. 関連法規、地域協定、その他の要求事項の遵守を全員に周知し維持する。
  • 5. 環境目的、目標を設定し継続的改善と汚染の予防を図る。

環境に優しい製品開発

ペーパーアテンション/クリアペーパーシール

ペーパーアテンション/クリアペーパーシール

フィルム素材を、紙素材にリプレイスした製品です。紙素材でありながら、フィルム素材と同様に透け感があるのが最大の特長です。プラスチック製品の過剰利用を抑えます。

>>ペーパーアテンションの詳細を見る

>>クリアペーパーシールの詳細を見る

ドットタック®

ドットタックⓇ

ドット形状の糊を塗工。
繰り返し貼って剥がしても粘着力が落ちにくいのが特徴です。
有機溶剤を使用しない水性エマルションタイプの特殊粘着剤を使用し、表面基材にFSC®森林認証紙を採用しています。

ESセパ

ペーパーアテンション/クリアペーパーシール

ポリラミ不使用でありながら、ポリラミ使用品以上の透明性を実現した紙基材の剥離紙です。プラスチック削減により環境負荷低減に貢献できます。

キュットカード

ペーパーアテンション/クリアペーパーシール

ブリスターパックの代用として包装できる、台紙付きのシュリンクフィルムです。金型が不要なので低コストで制作でき、ブリスター容器と比べるとプラスチックの使用量を減らすことができます。

>>キュットカードの詳細を見る

クリアラッピング

クリアラッピング

セパレスラベルと同じく台紙のない包装素材です。商品シール・封緘シール・一括表示シールをクリアラッピング1枚ででき、捨てる際の分別も簡単にできる製品です。

>>クリアラッピングの詳細を見る

薄層ラベル

薄層ラベル

表面紙と台紙(セパレーター)を薄くすることで廃棄物の量を減らすことができます。同じ枚数のラベルであっても重量が軽くなるため、運送時の排気ガスも減らすことができます。

セパレスラベル

セパレスラベル

台紙(セパレーター)を使わないため廃棄物を出しません。また、同じ直系の1巻でも台紙付きラベルに比べて、およそ1.5倍のラベルを巻くことができるので環境に配慮したシール ・ラベルとなっています。

PL対応エマルション系粘着剤

PL対応エマルション系粘着剤

食品衛生法のポジティブリストに適合するエマルションタイプの粘着剤を使用した、シール・ラベル用タック糊です。
より安心・安全な製品をご提供する観点から、新たに開発された製品です。

環境問題への取り組み

バイオマスボイラー

バイオマスボイラー

バイオマスボイラーは、シール製品を生産する時に発生する廃棄物を燃料化し、自社工場内で熱エネルギーとして利用できる設備です。 この設備によって化石燃料の使用量を削減しています。

ノンソルラミネート方式の採用

OSPではラミネートのおよそ半数を溶剤不使用のノンソルラミネート方式へ置き換えを進めています。
有機溶剤に起因する環境への負荷(CO2・VOCの排出)を大きく削減できます。

ノンソルラミネート方式の採用
ノンソルラミネート方式の採用

ノンソルラミネート方式の採用

OSPではラミネートのおよそ半数を溶剤不使用のノンソルラミネート方式へ置き換えを進めています。
有機溶剤に起因する環境への負荷(CO2・VOCの排出)を大きく削減できます。

スマートファクトリー ◀夜間無人稼働中の工場

▲夜間無人稼働中の工場

スマートファクトリー

全国のPOSシステムと連動した工場内のAI・IoTが24時間体制で全国のシール・ラベル等の消費量をリアルタイムで把握し、受注・印刷を始める無人工場の稼働計画を進めています。

エコバッグの配布

OSPグループは全従業員約4000名に、エコバッグを配布しました。従業員一人ひとりが環境問題を身近に考えて欲しいという思いからです。OSPグループは、環境に配慮した製品や取り組みを創造してまいります。

エコバッグの配布
エコバッグの配布

エコバッグの配布

OSPグループは全従業員約4000名に、エコバッグを配布しました。従業員一人ひとりが環境問題を身近に考えて欲しいという思いからです。OSPグループは、環境に配慮した製品や取り組みを創造してまいります。

デジタル印刷

デジタル印刷

デジタル印刷は印刷版を作成せず、印刷ロスもないため廃棄物を減らすことができます。水をベースとする水性インキを使用することでVOC、CO₂の排出量削減も実現しています。

セレクト30

受注製品を分析し、使用頻度の高い30色を推進することで調色作業の効率化を図ります。またインキの洗浄に使用する有機溶剤の使用量を大幅に削減するように努めています。

セレクト30
セレクト30

セレクト30

受注製品を分析し、使用頻度の高い30色を推進することで調色作業の効率化を図ります。またインキの洗浄に使用する有機溶剤の使用量を大幅に削減するように努めています。

デジタル印刷

リサイクルPET

回収されたPETボトルを原料の一部として使用したPETフィルムでラベルを製造することで、PETボトルのリサイクルを推進しています。

環境に関わる認証マーク

バイオマスマーク

バイオマスマーク

バイオマスマークとは、再生可能な生物由来の有機資源を使用している商品に与えられる、一般社団法人日本有機資源協会の認証マークです。
(化石資源を除く。ただし、生物が直接生産する貝殻等の無機性資源は含みます。)

認証機関名 一般社団法人 日本有機資源協会
認証番号 バイオマス度 適用範囲
180099 20% バイオマスインキを使用したフィルム印刷物
190019 10% バイオマスインキを使用したフィルム印刷物
190020 10% バイオマスインキを使用したシール・ラベル印刷物
190021 10% バイオマス粘着剤を使用したシール・ラベル
190331 80% 天然物系自着性接着剤

FSC®森林認証(CoC認証)

FSC®森林認証(CoC認証)

FSC®CoC認証とは、Forest StewardshipCouncil®(森林管理協議会)の基準に基づき、責任ある管理をされた森林から消費者までの加工流通過程の認証です。

認証機関名 SGS Hong Kong Limited
認証番号 SGSHK-COC-002077
対象部門 本社、八尾管理センター、栃木工場、岐阜工場、滋賀工場、大阪工場、福岡工場、各営業所
適用範囲 供給者からFSC®森林認証紙を購入し使用して製造、販売、及び森林認証製品の購入、販売まで

生分解性プラ

生分解性プラ

生分解性プラ識別表示制度とは、生分解性プラスチック製品と一般プラスチック製品との識別を明確にするための制度です。生分解性プラスチック100%で構成された製品に記載することができる認証マークです。

認証機関名 日本バイオプラスチック協会
認証番号 各製品毎にマークと併記

バイオマスプラ【BP】

バイオマスプラ【BP】

バイオマスプラ識別表示制度とは、バイオマスプラスチック度25%以上のプラスチック製品に記載することができる認証マークです。

認証機関名 日本バイオプラスチック協会
認証番号 各製品毎にマークと併記

ページトップ