消費税

vol.432 税込価格の表示義務化

2021年4月1日から総額表示が義務化され、税抜きでの表示ができなくなります。値札や表示シールの変更、カタログの改訂などは、どうぞお早めにご準備ください。価格表示方法の具体例を掲載しておりますのでご参考ください。

その他

vol.419 「識別表示」のルール改正について

容器包装の識別表示のうち、「アルミ」「スチール」「PET」のマーク表示のルールが一部改正されました。マークサイズが従来の規定より縮小可能となったほか、PETボトルマークについては、場合によって個別容器への表示を省略することが可能になりました。詳しくは経済産業省のHP等をご確認ください。

設定無し

vol.413 改正健康増進法のシール

改正された健康増進法が2020年4月1日から全面施行され、事業所や飲食店などにおいては原則屋内禁煙になります。喫煙可能な設備のある施設は、指定された標識の掲示が義務付けられます。厚生労働省が開設しているWebサイトで標識のデータをダウンロードできるので、詳しくは「なくそう!望まない受動喫煙」Webサイトをご参照ください。

食品表示・表示法

vol.410 新食品表示のフォーマット

新食品表示の完全義務化まで残り4ヶ月を切りました。今号では、シール・ラベルでの表示方法について、具体的例を交えてご紹介いたします。新表示への切り替えがまだお済みでないお客様は、ぜひご活用ください。

食品表示・表示法

vol.407 加工食品のアレルギー表示

アレルギー表示の推奨項目に、新たにアーモンドが追加されました。 アーモンドはさまざまな食品に含まれており、2020年4月に完全移行となる新食品表示にも影響があると考えられます。 今号では新食品表示における表示義務の変更点や注意ポイントなどをご紹介しています。 また印刷物にご使用いただけるピクトマークもご用意しておりますので、ぜひご参考ください。

消費税

vol.402 消費増税直前特集

令和元年10月1日に消費税が10%となり、軽減税率がスタートします。軽減税率には対象品目とそうでないものがあり、消費者へのわかりやすい表示が求められます。レールPOPなどを使用し売り場で表示を行うことで、消費者へ簡単にアピールすることができます。ぜひご活用ください。

食品表示・表示法

vol.389 新食品表示の切り替え

2020年3月31日に加工食品の「食品表示基準」経過措置期間が終了します。新食品表示のポイントとおさらいをしましょう。

その他

vol.386 ハラール認証とは

イスラム教では戒律により、豚やアルコールを食品にすることを禁じられています。「イスラム教の定める適正な方法で処理された食品である」と認証された食品に対して、外装にハラール認証マークを表示して販売することができます。

食品表示・表示法

vol.380 ワインの産地表示の新基準がスタート

2018年10月30日からワインの産地表示に関する新しい基準が設けられます。これまで明確なルールがなかった産地表示ですが、「国産」「日本産」などを表示するには一定の条件が必要となります。

食品表示・表示法

vol.375 HACCP義務化

食品衛生法が改正され、原則としてすべての食品等事業者にHACCPの導入が義務づけられました。OSPのフィルム製造工場はISO22000を取得しており、HACCP基準を満たした包装フィルムを食品メーカー様や消費者にご利用いただけます。