OSP 大阪シーリング印刷株式会社RECRUITING INFORMATION

企画営業

岡本 浩輔

大阪営業部 営業第5課|2013年入社

OSPの企画営業って、どんな仕事ですか?

商品だけではなく、売り場全体をプロデュースしていける仕事です。商品自体を飾るラベルや軟包材(フィルム製品)といったパッケージはもちろん、店頭POPや販促ツールなど、さまざまな印刷物を取り扱っているのがOSPの強みです。私たちはそれを「ワンストップサービス」と呼んでいますが、お客さまは売りたい内容物をご用意いただくだけ。それをどのようなパッケージで包むか、売り場全体でどのように見せていくのかまで提案、制作できるので本当に幅広い分野に携わっていくことができます。また、食品小売から製造業、金融まで、いろいろな業種に関わりたいという人にもおすすめです。

一番やりがいを感じるのは、どんなときですか?

お客さまがご用意された商品を、OSPのアイテムで飾っていくのがとても楽しいです。打ち合わせを重ね、サンプルをつくり、実際に店頭に並ぶイメージができてくると、華やかで彩りもよくなってきます。最終的に自分が考えたアイデアやデザインが採用されると、やってよかったなと思います。なにより、お客さまから「前よりもよくなった」「売上が伸びた」と言われるとモチベーションのアップにもつながりますね。また大型スーパーなどで、自分が携わった商品を消費者が購入している姿を見ると、とてもうれしくなります。

これまでで最も思い出に残っていることは何ですか?

今年はじめて担当させていただいたお客さまには当初、知らないことばかりでこちらから質問することもたくさんありました。しかし分からないなりに素早いレスポンスを心がけ、毎日のようにお客さまのもとに通うことで「岡本さんなら毎日来てくれるしすぐに相談できる」と、さまざまなご依頼をいただけるようになりました。時間が経つにつれて私も経験値が増え、今では「分からないことがあれば岡本さんなら何とかしてくれる」とまで言っていただけるようになっており、よい人間関係が築けていると思います。分からないなりに自分で考えて動くことは大切で、お客さまにもその熱意は伝わります。今では前年よりも10%も多く注文をいただくようになりました。

Work flow

お客さまと打ち合わせ

ラベル、軟包材、紙器パッケージなど、何をつくりたいのか、誰をターゲットにどんなところで販売したいのか、どのような印象にしたいかなど、お客さまの要望を聞き出します。その要望に応えるために、OSPのワンストップサービスでさまざまな角度からご提案します。

デザインや仕様の打ち合わせ

お客さまのご要望を企画課のデザインチームに伝え、デザイン案を作成してもらいます。デザインが決まれば仕様の打ち合わせを行います。例えばラベルの場合、紙の種類や納品形態(ロール状・シート状など)、軟包材であれば材質構成や内容物に合わせた形状、紙器パッケージでは展開図や材質などがあり、取り扱う商材によって打ち合わせの内容が異なります。

印刷の手配

デザインや仕様が決定し、お見積りが通れば実際に製品にするための原稿を作成し、工場に手配を掛けます。営業事務と連携を取りながら、関係部署に掛け合って納期交渉も行います。

引取・納品

工場で製造された製品は、指定された納期までにお客さまに納品します。繁忙期(GW前、お盆前、年末年始)で工場が忙しい場合には、営業自ら工場に引き取りに行き、お客さまのもとへお届けする場合もあります。その後お客さまから製品代金をいただくまでが営業の仕事です。