食品表示・表示法

vol.353 ISO22000特集

ISO22000とは、安全な食品を供給するための国際規格です。ISO22000を取得することで、安全な食品包装フィルムを継続的に供給できることが証明でき、消費者や食品メーカー様が安心して包装フィルムをご利用いただけます。

食品表示・表示法

vol.346 地域の食品認証マーク

商品やサービスの品質、性能、安全性などを証明し、他の商品サービスと差別化するために使用されています。認証マークの中には農産物や水産物を対象としたものや、加工品をブランド化したものなどが数多く存在します。

食品表示・表示法

vol.342 GIマーク

GIマークとは地域独特の作り方や品質が産地と結びついた農産物や食品を、国がブランドとして保護するマークです。品目に応じて糖度や大きさなどの基準を定めて登録されています。

その他

vol.338 セールスコピーの注意点(美容商品編)

美容商品のセールスコピーを作成する際の注意点についてご紹介いたします。不適切な表示や厚生労働省が定める適切な表現の基準について、例文を交えて説明しています。ぜひ、ご活用ください。

食品表示・表示法

vol.337 お酒の表示2

果実酒のシール・ラベル作成時のポイントをご紹介いたします。今後注目される可能性の高い、「日本ワイン」や、「国内製造ワイン」についてご説明しております。ぜひ、ご覧ください。

食品表示・表示法

vol.330 お酒の表示

お酒のシール・ラベルの表示ルールについてご紹介しています。清酒と焼酎の義務表示や任意表示について注意して頂くポイントをご説明しております。

食品表示・表示法

vol.326 新・製造所固有記号の表示制度

2016年4月から消費者庁により新たな製造所固有記号の表示制度が施行されました。届出や表示方法などの変更点を、分かりやすくご紹介いたします。是非ご覧ください。

その他

vol.321 小規模事業者持続化補助金

「小規模事業者持続化補助金」とは小規模な事業者の販路開拓などの取り組みを支援するため、事業費の一部を補助する制度です。具体的な金額など詳しくご紹介しています。

食品表示・表示法

vol.318 景品表示法改正

2016年4月から景品表示法が改正されます。誤解を与えるような表示をして、不当な表示であるとみなされた場合には課徴金が課せられることとなりました。紙面では不当な表示の事例を挙げてわかりやすく説明しています。

著作権・知財・商標

vol.315 新しいタイプの商標

色彩や音、動き、ホログラム、位置といった、今までには無かったタイプの商標登録を可能とする改正商標法が2015年4月から施行されました。わかりやすくご説明いたしますので、ご確認ください。