HOME   >   取扱製品   >  OSPのシール・ラベル製品  >  加工

加工

シール・ラベルの加工写真

加工とは

一般的な耐光性や耐水性を持たせる加工から特殊効果まで、現代のニーズの多様性と加工技術の進歩によって、多種多様なシール・ラベルの加工があります。しかし印刷とは別の作業工程を加える為に加工の対極にあるのが納期、つまり時間との戦いです。
OSPでは加工機の改良・開発、そして工程管理の視える化によりタイムラグを最小限にし、通常シール・ラベルと同等の納期を実現しています。

ラベル用加工の種類

一般加工

 


箔押し加工 一般加工

金箔・銀箔やホログラムなどの箔を熱と圧でラベルに転写する加工です。デザイン面で印刷では不可能な光沢のある質感を演出することができます。

オーバーコート 一般加工

印刷後に品質の劣化を防ぐ為、表面層に透明なインキ(ワニス)をコーティングした加工。速乾性の高いUVツヤニスや、環境に優しい水性ニスなどがあります。又、インキを接着させる目的で印刷前に行うコーティングをアンダーコートといいます。


PP貼り加工 一般加工

品質の劣化を防ぐ為、印刷後、表面層にフィルムを貼るコーティング加工です。耐水性、耐熱性、透明性に優れており、表面光沢のあるコーティングが可能です。

エンボス加工 一般加工

浮き出し加工ともいわれ、型と型の間にラベルをはさみ、圧を加えて文字や絵柄を浮き出させることにより、表面に凹凸の模様をつける加工です。デザインの演出に多く使用されています。


のり面カット加工 一般加工

糊殺し加工ともいい、セパレーターと表面紙を一時的に剥離し、糊面の一部にシリコーンを含有した透明インキを印刷することで非接着部分をつくる加工です。OSPの『スタンドPOPラベル』はこの技術を使用しています。

全抜き加工 一般加工

シール印刷物の表面基材、剥離紙ともに仕上げの型通りに打ち抜く加工です。セパレーターにスリットを入れることで剥がしやすくなり、ステッカーなどによく使用されています。


ハーフカット加工 一般加工

シール・ラベル印刷物の表面基材のみを仕上げの型通りに抜いていく加工です。自動貼り用のロールラベルは勿論、シート仕上げのシールまで、シール・ラベル印刷には欠かせない加工です。

ドーム加工 一般加工

シール・ラベル印刷物の表面に樹脂を乗せた加工です。デザインの演出として使用されることが多く、高級感がでるほか耐光性・耐久性に優れています。


セパ裏面印刷 一般加工

セパレーターの裏面に直接印刷を行う加工です。MDなどに付属しているラベルセパレートの裏にある注意書きなどにも使用されています。

のり面印刷 一般加工

セパレーターと表面紙を一時的に剥離し、ラベルの裏面(糊面)に印刷する加工です。剥がすと裏面に【アタリ】、【ハズレ】が表示されるくじ引きなどにも使用されています。


ナンバリング技術 一般加工

シール・ラベルのひとつひとつに可変番号や数字を記載していく加工です。水道やガス管理のラベルなどに使用されています。


特殊加工

 


シュリンク加工 特殊加工

熱収縮性フィルムを活用した印刷加工を施します。

特殊形状加工 特殊加工

容易に作成できない特殊な抜き型を使用する偽造防止を目的とした加工です。


マイクロ文字加工 特殊加工

目視で確認できない程の小さな文字を印刷面に入れておく偽造防止を目的とした加工です。

マイクロ応用加工 特殊加工

文字や記号の線幅を変化させることにより濃淡にてイラスト画像を表現する偽造防止を目的とした加工です。


モアレ加工 特殊加工

特殊な製版作業により模様の中に文字やマークを隠して印刷する偽造防止を目的とした加工です。

コピー牽制加工 特殊加工

コピーすると隠された文字やマークが浮かび上がるようにした偽造防止を目的とした加工です。


線画加工 特殊加工

線画を湾曲させて立体的な文字やマークを表現する偽造防止を目的とした加工です。

ホログラム加工 特殊加工

見る角度により色がレインボーに変化し、立体感のある画像を表現できる偽造防止を目的とした加工です。


ページトップへ